まんげ~こらむ。

マンガやゲームのレビューです。うんこをしながら読むのにピッタリの読み物に仕上がっております。

廃用身【前編】 byカズオ

廃用身 (幻冬舎文庫)廃用身 (幻冬舎文庫)
(2005/04)
久坂部 羊

商品詳細を見る


【前編】

漫画とゲームのレビューなのに、それを差し置いて小説のレビューを書きたいと思います。
だって今、書かないと忘れちゃうんだもん(´・ω・`)

さて、どんなストーリーかを説明しますよ。
もちろんネタバレ満載でいきますw


漆原医師は、今後の老人医療を危惧している。

『これからドンドン増え続ける老人たち。それを介護する医療には限界がある。何とかならないものだろうか?』
漆原医師はそんな考えを抱いていた。


ある日、脳梗塞で左手と両足がまったく動かない老人(岩上さん)がデイケアにやってきた。
岩上さんはリハビリに熱心であったが麻痺した左手と両足は治る見込みは無かった。(そういう手足のことを廃用身という)
それどころか、動かない手足には冷感と痛みがあり、毎日のように不快感に悩まされていた。
その上に軽度の痴呆があり、踏んだり蹴ったりな状態であった。

しかも岩上さんは介護の負担が大きいため家族から虐待を受けていた。
オムツもロクに取り替えてもらえない、ひとりでは寝返りも出来ないので身体には床ズレがたくさん出来ていた。
だから、リハビリも余計に熱心に頑張っていた。

デイケアでリハビリを受けている時、ベッドから車椅子に移る際、看護師さんに『申し訳ない。ワシの身体が重いから腰も痛くなるだろうに。申し訳ない。』

岩上さんは何度も看護師に謝っていた。

漆原医師は、その光景をみて閃いた!

どうせ麻痺して使えない手足なら切断してしまおう!
そしたら身体が軽くなるから介護も楽になる。


漆原医師は岩上さんを説得し、左手と両足を切断する手術を行なった。

そうして胴体に頭と右手がくっついた、不気味な老人は誕生したのであった。


手術の経過は良く。
岩上さんは看護婦さんの手を借りなくても、自分の右手だけで車椅子によじ登ることが出来るようになった。
それどころではなく、岩上さんの痴呆まで改善され始めたのである。
3本の手足を切り落としたことによって脳血流量が2.5倍になった為だと漆原医師は考えた。

『この治療は画期的なものになる!!』

漆原医師はそう確信した。

漆原医師は、この切断療法を切断の英訳、アピュレーションの頭文字を取って

Aケア

と名付けた。



漆原医師は、動かなくなった廃用身を次々と切り落とした。

12人中12人が痴呆が改善したり、介護が楽になったり、床ずれが治ったりと、良い効果が見られた。
漆原医師は満足していた。

『Aケアは老人医療にとって無くてはならないものになる!』

そう考えた。


そして13人目のAケアの患者。
究極のAケアと言っても過言ではない患者だった。
両手両足が廃用身・・・

流石の漆原医師も身の毛が弥立った。
そんな事をして人道的に許されるのか?これは治療と呼べるのか?
人間を達磨にすることなど・・・。

13人目の患者には意識はなかった。
手術を希望したのは患者の奥さんだった。
『もう一度、主人と話がしたい・・・』
切実な思いであった。

その思いを聞いて漆原医師は手術することを決意する。




後編につづく。
[ 2009/05/10 00:00 ] 小説 | TB(0) | CM(2)
今までで、一番丁寧なレビューだなwww
[ 2009/05/10 19:29 ] [ 編集 ]

>>ほくさん

いつも時間がなく走り書いてますからw

[ 2009/05/11 13:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ステータス

カズオ

Author:カズオ
カズオ
年齢:33
好きなもの:ゲーム、ぱちんこ、麻雀、株、漫画、グルメ、タバコ、コーヒー、特ホ、スケベそうな女、老人介護系のAV、射精に勢いがある男優
嫌いなもの:そら豆、話が面白くない人間、努力してない人間、不当に生活保護受けてる人間

FC2カウンター
ブログランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3352位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
133位
アクセスランキングを見る>>
FC2チャット
今見てる人
現在の閲覧者数: